メニュー 閉じる

自給的暮らしの講座

毎月 開催している講座

暮らしごとミニ講座

月に1回、金曜日か土曜日 参加費は材料費程度

ミニ講座は、通常の講座よりも、うんと簡素な講座です。

改まって講座という形でお伝えするほどのことではないけど、「やってみたいな、教えてほしいな」というお声を頂いた、季節の暮らしのしごとを、ミニ講座としてお伝えする場を作りました。

作り方とかやり方は、本やネットに載っているから分かるんだけど、最初は一回、誰かと一緒にやりたいなーと思うことってありませんか?

講座というほど堅苦しくなく、 まるで、おばあちゃんやお母さんに教わるような感覚で「一緒にやってみる」場になります。 写真を撮ったりメモをとったり、気軽にどうぞ。座学なし、資料なし。 その分、参加費はお手頃価格です。

何気ない暮らしの知恵や経験を、共有していきましょう。

予定している「暮らしごと」

1月 みりん作り/七味作り
2月 ピーナッツバター作り
3月 ふきのとう味噌作り
4月 ぬか床作り/しいたけの植え付け/山菜採り
5月 エルダーフラワーシロップ作り/ヨモギの活用
6月 生姜の甘酢漬け/紅ショウガ作り
7月 ソーラークッキング
8月 ベリー・赤シソ・ミントシロップ作り
9月 柚子胡椒作り/トマトの保存食作り
10月 栗拾い/栗の渋皮煮作り/野菜のタネ採り
11月 赤かぶの酢漬・大根のサワー漬け作り
12月 ハーブの化粧水・クリーム作り

※気候の状況などにより、上記の暮らしごとが必ずできるとは限りません。

哲学カフェ

第4土曜 10:00~12:00 ¥500

なんとなく避けている話題、口に出しずらい疑問、関心があるけれど、話す機会のないテーマって、ありませんか?

「哲学カフェ」は、お茶を飲み、リラックスしながら、他の人の意見に耳を傾け、自分が抱えていた想いを言葉にしてみる場です。

ぼんやりと考えていたことが、言葉になった時、改めて気づくこともあるでしょう。話しながら、自分の矛盾に気づいたり、意見が変わることだってあると思いますが、それでも全然かまいません。

相手を論破するものでもなければ、たった一つの正解を求めるのでもなく、考えや想いを言葉にする練習の場であり、お互いを尊重しあう対話の場だからです。

空と大地のヨガの哲学カフェでは、話し合いたいテーマを、お互いに持ち寄って、みんなで相談するところから始めます。

テーマは、具体的でも、抽象的でも構いません。その場で、みんなが話したいと感じたことを話していきましょう。

多様な人がいて、多様な考え方がある、多様な社会を生きる私たちのための、お茶会です。

進行役は、「空と大地のヨガ」を主宰しているヨガインストラクター近添和実が務めますが、ヨガ哲学を学ぶ会ではないので、私から「ヨガ哲学では~」という話をすることはありません。ヨガに興味がなくても、まったく気兼ねせずにお越しください。

意見を言うのが苦手なら聞くだけでもいいし、専門家である必要はないので、気負いせずに参加してもらえると嬉しいです。

ものづくりの会

第4土曜 13:00~18:00の間で出入り自由 ¥500

「ものづくりの会」は、材料と道具を持ち込んで、それぞれ作りたいものを作る会です。作りたいものは、なんでもOK。

時間ができたら作ろうと思っていたものがある方、ものづくりを通じて交流が欲しいなという方、大きな窓からの景色と、おしゃべりとおやつを楽しみつつ、 ゆるーく集まって、みんなでそれぞれ作りましょう。

また、ものづくりという形にとらわれず、勉強や自分の作業を持ち込んでもらっても大丈夫です。

他の人から、新しいアイディアや、デザインや試作品の感想がもらえたり、その作業が得意な人がいればアドバイスをもらうこともできるかも。

毎月、第4土曜に開催していますが、毎回来なければならない集まりではないので、都合の合うとき、いつでも、どなたでもどうぞ!

例えば、こんなことできます!

・木材と彫刻刀を持ち込んで、木の皿やスプーン作り
・布と裁縫道具で、布小物作り
・ペンや色鉛筆で、絵やイラスト作成
・パソコンを持ち込んで、データ作り
・手持ちの工具と材料を持ち込んで、家具などのDIY
・材料があれば、お菓子作りなども

持ち込みできる道具は、持ち込みをお願いしますが、道具がない場合や持ち運べないものは、我が家にある道具をお貸しできます。

特に、趣味の範囲ですが、DIY道具は揃っているので、作ってみたいものがある方は、ぜひ挑戦してみてください。

DIYサポーターいます

DIYのアドバイスできます。プロではありませんが、趣味でいろいろ作った経験があるので、材料選び・設計・作り方など、一緒に作るお手伝いができます。作ってみたいものがある方は、相談に乗ります。

*これまでのDIY作品
物置小屋/鶏小屋/ウッドデッキ/ローテーブル/ハンドメイド作品の販売什器/カウンターテーブル/ウッドシェルフ/A型看板/削り馬など

季節ごとに開催している講座

手前醤油・手前味噌作り~「発酵ってなに?」がわかる座学付き

毎年1月頃の開催

数多くある、手作り醤油や味噌の講座。その中で、空と大地のヨガの講座ならではの特徴は、講師の伊藤さん(エコビレッジライフ体験塾代表:当別町)による、「発酵って…何??」がわかる座学です。

伊藤さんは、醤油や味噌を仕込んだ瓶の中で、「誰が」「何を」しているのか。私たちは、それに対して「何をしてあげればいいのか」なんていう観点で説明をしてくれて、そしてそれは、私たちの身近な暮らしの知恵が、食の歴史や生態系と大きく関わっているんだということに、気づかせてくれるんです。

そんな「発酵って…何??」がわかってくると、仕込みも、お世話も、ぐぐぐっと楽しく、楽ちんになっていきます。

手前醤油のみ(約2リットル)・手前味噌のみ(約2キロ)、または両方と、参加のスタイルを選べます。どのスタイルでも座学はセットになっています。

ご自宅でじっくり育てて、それぞれのご家庭の手前醤油・手前味噌を作りましょう!

魔女のカレースパイスと手作りチャイを作ろう

毎年2月頃の開催

北海道にも、魔女がいました。ハーブのことを芳香植物と呼び、植物と共に暮らしていた方です。

残念ながら今はもういらっしゃらないのですが、このカレースパイスのレシピは、親しみを込めて「みどりの魔女」とか「ハーブ魔女」と呼ばれていた、故・村上朋子さん直伝の配合です。

このカレースパイス、なんと15種類以上ものスパイスを調合して作るので、ものすごく芳醇な香りになるんです。一緒に作った方の中には「香りを嗅ぐだけで元気になる!」と仰った方もいました。

カレースパイスというのは、実際に体や心を元気づけるハーブがたくさん入っていて、そのため、カレーは滋養強壮に良いと言われたりもするんです。

カレースパイスと合わせて、チャイの素も作ります。

チャイのレシピって、シンプルなものから、豪華なものまで、ものすごく沢山あるんです。自分の基本となるレシピが決まれば、あとはそこからお好みで足したり引いたりできるようになるので、まずはシンプルなチャイのレシピを覚えましょう。

魔女のハーブソルトを作ろう

毎年6月頃

カレースパイスと同様に、 ハーブのことを芳香植物と呼び、植物と共に暮らしていた方で、親しみを込めて 「みどりの魔女」とか「ハーブ魔女」と呼ばれていた、故・村上朋子さん直伝のハーブソルトです。

朋さんのレシピは、味見したり香りを嗅いだりして、少し足したり減らしたりしながら作るので、みんな、ちょっとづつ違う味に仕上がります。自分の感性を信じて作るハーブソルトは、作る工程も楽しい時間になるんです。

そして、このハーブソルトの材料は、ほとんど自宅で育てられるハーブを使っているので、その気になれば、自家製ハーブの自家製ハーブソルトを作ることができるんです。

植物と共に暮らす「みどりの魔女」の暮らしのエッセンスを、お伝えしている時間です。

自家製の純米酢を作ろう

毎年7月頃

お酢は、ごくごく身近な調味料ですが、何を原材料として作るのか、どうやって作られているのか、など、お酢のこと、意外と知らなかったりするんです。

お酢は家庭でも作ることのできるものですが、「手前味噌」があるのに、「手前酢」がないのは、なぜなんでしょう?

味噌・醤油とは異なる、お酢の発酵。 大人の自由研究感覚で、挑戦してみましょう!

夏のおわりのマルシェ

毎年9月頃

毎年9月初め頃に「青空ヨガ+夏のおわりのマルシェ」というお祭りを開催しています。

手作り小物、暮らしの用品、自然栽培の野菜などが並ぶマルシェと、ものづくりのワークショップ、そして大きな栗の下で行う青空ヨガと、小さなお祭りですが、盛り沢山です。

雨天時は中止、としていますが、これまで雨だったことはありません。どうか今年も、秋晴れの一日をお願いします。

ミニソーラー発電システムを作ろう

毎年9月頃

電気のことは分からない?電気は大きな会社に任せるしかない?そんなことはないんです。家庭菜園で自家用の野菜を作るように、自家用の電気も作ってみましょう!

アウトドアや非常時にも使える、持ち運びできるコンパクトなミニソーラー発電システムを実際に組み上げて、皆さんそれぞれ、お持ち帰りいただく講座です。

お天気が良ければ、電気を使わず、太陽の光で調理するソーラークッカーを使って、みんなで食べるおやつも作ります。

電気と太陽と仲良くなる一日。ご参加お待ちしていま す。

自家製のてんさい糖を作ろう

毎年12月頃

甜菜(てんさい)、という野菜をご存知でしょうか?スーパーにも売っていませんし、家庭菜園でも見かけません。実はこの甜菜という野菜が、お砂糖の「てんさい糖」の原料なんです。

お砂糖には種類があって、その種類によって、原材料が異なります。今回は、北海道に馴染み深い「甜菜」を使って、「てんさい糖」作りをします。

私たちの暮らしに欠かせない調味料の生い立ちを知る、そんな時間にしていきましょう。

※お砂糖の摂取の仕方についての講座ではありません。

出張講座

これまでに行った出張講座

  • 区民センター調理室での「手前味噌作り」
  • レンタルスペースでの「ハーブソルト作り」
  • コワーキングスペースでの「イスヨガから始まるマインドフルネス」

その他、自給的な暮らし作りを共に楽しむお手伝いができれば嬉しいです。楽しいアイディアがありましたら、ぜひ、お声掛けくださいね。

料金・内容は、個別相談となります

各講座ごとに、必要な道具や必要な準備が異なりますので、個別相談となります。どうぞお気軽にご連絡ください。